料理人になったターザン、ブラックチーフの元部下達。

30数年前に私の故郷に3人の部下達を連れ鮎取りに行きました、私の故郷は和歌山県熊野川町谷口村で道沿いを流れる赤木川には天然鮎が多い、私の趣味は鮎の引っ掛け漁であるが赤木川では禁止されている。鮎釣りの季節であり釣り人の来ない谷川で鮎を取ろうと思ったが前夜雨が降ったようで増水している。紀州山間の豪雨は一夜にして谷川や赤木川を濁流に変貌させる、谷川は山間部を流れ川幅が狭い為山奥で大雨が降ると鉄砲水になる恐れがあり注意が必要である。赤木川は川幅が広く鉄砲水の恐れは少ないが濁流になると200メートル以上の川幅になり轟音を立てて流れ物凄い。以前愛犬の土佐犬(虎子)が濁流に流されたが奇跡的に大淵の渦に巻き込まれ、私が大渦に飛び込み救助した恐怖の体験がある。その日は鮎取りを諦めて赤木川でバーベキューをした川は激流程度だが危険だった。

都会育ちの部下達に川に入らぬように指示をしたがHが川に入り流されたとTが叫んだ。Tは必死でHが流された方向を指さしチーフ助けてくださいと泣き顔で私に頼んだ、大自然で育ったターザン(野蛮人))の私ならともかく増水した赤木川に流されたら都会育ちのHは助からない。大変な事態になった、私とTは必死で川原を走りHを探した、運よく大淵で柳の枝を必死に掴んでいるHを発見した。私は淵からかなり下の浅瀬に入りHに泳いで来るように指示をした、時間が経てば力尽きて枝を離し深瀬に流されたら必ず溺れ死ぬ。Hの命は風前の灯である、躊躇するHに俺を信じて死ぬ気で泳いで来いと怒鳴った。大淵を必死に泳いで来たHを私も必死で抱き止めた、チーフに助けて頂くのは二度目ですねとHは泣いた。ヤンチャ者、粗野な独裁者でブラックチーフの私だったが、汗と涙で理想の店を目指し努力してくれた部下にせめてもの恩返しができて嬉しかった。

料理人には感性が必要であると説き部下達に俳句を教えました、Hが読んだ句に初めてにしては優秀な句があった、(今は亡き師を偲びつつ牡蠣を剥く)はお前達の本心だろうしかし才能があるぞと褒めた。そしてお前達には申し訳ないが(憎まれ者は簡単に死なないぞ)ターザン(野蛮人)の俺は不死身だと笑いました。優しい仏の役は社長に任せて、俺は馴れている悪役が似合うと自負したブラックチーフ時代でありました、部下達の将来に関しては指導者としての責任がある。部下達に早く一人前の素晴らしい料理人に成長して欲しい、それが大店の繁盛に繋がり部下達の立場も向上すると信じて鬼となった。怒鳴るのは日常茶飯時、時にはビンタもありうる、ボディビルで鍛え日々大きなサンドバッグを殴打している粗野な人間凶器でもありました。

哀れな部下達は地獄の日々を体験しただろう、しかし休憩時間や定休日も彼らは私と一緒が多かった、私の趣味は鮎取りで夏の定休日には私の片腕である石川君と三重県に行った。河原でバーベキューをやり二人楽しく酒を飲んだ、他の部下達が付いて来ると食事の準備も多く必要、ステーキ部門のチーフである石川君は、機嫌よくバーベキューや飲み物の用意をしてくれた。部下達は運悪く大切な青春期に粗野なブラックチーフに遭遇した、仕事中で部下を叱ると私の小遣いが無くなる。笑。仕事後飲みに連れて行くと部下達が済みませんでしたと謝った、俺は忘れた何の話だ今夜は酔えと酒を勧めた。人間凶器である私の存在自体が部下達にとって恐怖だろう、現在ならばパワハラと非難されると思う、年齢を重ねた現代は懺悔、懺悔でございますよ。

妻の買い物にお供してスーパーに行きパートだった主婦のS子さんに偶然逢いました、チーフ久し振りですと挨拶され思わず昔は叱ってばかりでごめんねと私は謝った。当時はパートの主婦達の貢献力が大きかった、彼女達はどんな忙しい日も笑顔で接客し涙と汗で努力した。30歳代私は勤労文化会館内レストランの開店を任された、文化会館であるから地域の食文化の向上に、君のフランス料理の経験を活かして欲しいと社長に頼まれた。会館内には宴会場や大きなパーテイ会場があり大変な仕事量である、多数のパーテイや宴会の場合はホテル等の仲間に応援を依頼した。簡単な和食や洋食であれば苦労は無かったと思う、会館内では様々な催し物がありお年寄りや子供も多い。値打ちなランチ等の用意も必要、和食文化の地域に値打ちなフランス料理のコースを広める仕事も、暗中模索の日々で彼女達の存在無しで成功は無理だったと思います。

ランチタイムは常に満席、ディナータイムには、¥4,000のフランス料理のシェフコースが人気でした。パーテイや宴会も多かった、私一人で経験の浅いコック見習い達に料理を教えながらの日々は心身共に疲れた。会館内のレストランは、家賃も安く駐車場料金も無い、調理器具、冷蔵庫等の備品、椅子テーブルも会館持ちであり維持費は安かった。故に料理や飲み物も値打ちに提供できる、それは民間の店舗に比べ無類の武器である。私は他の公共施設にこんな素晴らしいレストランは無いぞと部下達を励ました。何時かテレビの取材があるだろう、誇りを持って頑張ろうな、部下達は皆笑顔で頷きました。

当時はステーキハウスも忙しくチーフの石川君も大変だっただろう、彼は私が修行したモンターニューからの部下で信頼できる頼もしいチーフでした。現在会館内のレストランに昔の面影は微塵も無い、ステーキハウスも消え若い人々はその存在さえも知らないと思う。石川君や部下達は私の独立後間もなく辞任したらしい、ブラックチーフが去り平穏な職場になったのに、汗と涙で理想の店を築いた部下達をもっと優遇して欲しかったが残念である。料理の向上よりレーザーカラオケ等を設置、アルバイトを多用して多くの客数を求める会社にとって、職人気質の料理人は無用になりました。

独立後グランシェフを東海市加木屋町に開店した、黒毛和牛、伊勢海老、鮑、オマール海老等の厳選素材と自家製の味をお値打ちに提供が私達夫婦の夢でした。素晴らしい学生アルバイト達に恵まれて現在があると感謝しています、地域では初めての高級店であり本格的なコース料理の提供は手探りの日々で大変な苦労でした。コース料理で大切なのは料理の出し引きのタイミングであり、お客様の目も厳しく彼女達は大変だったと思う。彼女達であれば就職しても重宝されただろう、彼女達は結婚して母親になり食事に来店したり里帰りの際には家族連れで訪問してくれます。食事の予約や里帰りの連絡があると妻は嬉しそうに心待ちしソワソワしている、もちろんターザン(野蛮人)も。。笑 

現在は頼もしい相棒であり一番の理解者である妻と仕事しています、真剣勝負の日々は大変でありますが素晴らしいお客様達に恵まれ料理人冥利と感謝しています。昭和育ちの粗野なターザン(野蛮人)は妻に感謝しながら素直に有難うが言えませんが。。笑。。

 

 

 

 

 

 

ご予約・お問い合わせ

ご予約はお電話から承っております。

TEL 0562-33-6030

その他、ご質問などはお問い合わせフォームからでも
受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。