料理人になったターザン、ブラックチーフと可愛い部下達。  

30数年前に私の故郷に3人の部下達を連れ鮎取りに行きました、私の故郷は和歌山県熊野川町谷口村で道沿いを流れる赤木川には天然鮎が多い,私の趣味は鮎の引っ掛け漁であるが赤木川では禁止されている、鮎釣りの季節であり釣り人の来ない谷川で鮎を取ろうと思ったが前夜雨が降ったようで増水している。紀州山間の豪雨は一夜にして谷川や赤木川を濁流に変貌させる、谷川は山間部を流れ川幅が狭い為山奥で大雨が降ると鉄砲水になる恐れがあり注意が必要である、赤木川は川幅が広く鉄砲水の恐れは少ないが濁流になると200メートル以上の川幅になり轟音を立てて流れ物凄い、以前愛犬の土佐犬(虎子)が濁流に流されたが奇跡的に大淵の渦に巻き込まれ私が大渦に飛び込み救助した恐怖の体験がある、その日は鮎取りを諦めて赤木川でバーベキューをした川は激流程度だが危険だった、都会育ちの部下達に川に入らぬように指示をしたがHが川に入り流されたとTが叫んだ。Tは必死でHが流された方向を指さしチーフ助けてくださいと泣き顔で私に頼んだ、大自然で育ったターザン(野蛮人))の私ならともかく増水した赤木川に流されたら都会育ちのHは助からない大変な事態になった。私とTは必死で川原を走りHを探した、運よく大淵で柳の枝を必死に掴んでいるHを発見した、私は淵からかなり下の浅瀬に入りHに泳いで来るように指示をした、時間が経てば力尽き早瀬に流されたら溺れ死ぬ一刻の猶予も無い、躊躇するHに俺を信じて死ぬ気で泳いで来いと怒鳴った。泳いで来たHを必死で抱き止めた、チーフに助けて頂くのは二度目ですねとHは泣いた、俺は覚えてないぜと笑った泣いているHとTを見て可愛い奴達だなーと思いました。不真面目な独裁者の私ですが汗と涙で理想の店を目指し努力してくれた部下にせめてもの恩返しができて嬉しい、震えている背中を叩き俺も必死だったお互い悪運が強いぜと笑った。 

HとTはヤンチャ者で一年前もチンピラ達を殴り暴力団に狙われた、私は20歳のとき無法者達に襲われた先輩を救い殺されかけ3ヵ月入院の体験がある、故にプロが本気になった怖さは熟知している、死ぬ覚悟で部下達を庇ったが暴力団の頭は微笑み部下を思う心情は俺にも解ると許してくれた、男心に男が惚れて私は目礼をしたが何も要求せずに侠客達は去った、二度目ですねと礼を述べたHは忘れずにいたのだろう。プロの恐怖に怯え謝る部下達に言った、お前達に説教できる程俺は真面目な男ではないから気にするな、ブラックチーフが少しやせ我慢を張っただけさ忘れて早く寝ろと笑った。料理人には感性が必要であると説き部下達に俳句を教えました、部下が読んだ句に初めてにしては優秀な句がありました、(今は亡き師を偲びつつ牡蠣を剥く)はお前達の本心だろうしかし才能があるぞと褒めました、そしてお前達には申し訳ないが(憎まれ者は簡単に死なないぞ)ターザン(野蛮人)の俺は不死身だと笑いました。

妻の買い物にお供してスーパーに行きパートだった主婦のS子さんに偶然逢いました、チーフ久し振りですと挨拶され思わず昔は叱ってばかりでごめんねと私は謝った。理想の店造りにはパートの主婦達の貢献が大きかった、彼女達はどんな忙しい日も笑顔で接客し涙と汗で店の看板造りに努力した。30歳頃私は地域で初のステーキハウスを開店し暗中模索の末何とか軌道に乗せました、更に文化会館の開店も任された、和食文化の地域に値打ちなフランス料理を広める仕事も暗中模索の日々で彼女達の存在無しでは無理だったと思います。大病を患ったと話し痩せたS子さんがチーフと仕事をしたあの時代は私の人生で一番楽しい時期でしたと語り私は不覚にも涙が出た。。鬼チーフの顔を見てS子さんは変わらないですねと微笑みました。最近娘さんと一緒のS子さんとスーパで出逢いました元気そうな姿を見て安心しました。当時の経営者と地域で一番の美味しい店にしようなと誓い合い同じ夢を追いました、無能な私に大役を任せた経営者の忍耐は大変だっただろうと今更ながら思います。

独立後グランシェフを東海市加木屋町に開店した、黒毛和牛、伊勢海老、鮑、オマール海老等の厳選素材と自家製の味をお値打ちに提供が私達夫婦の夢でした。素晴らしい学生アルバイト達に恵まれて現在があると感謝しています、地域では初めての高級店であり本格的なコース料理の提供は手探りの日々で大変な苦労でした。コース料理で大切なのは料理の出し引きのタイミングでありお客様の目も厳しく彼女達は大変だったと思う、彼女達であれば就職しても重宝されただろう、彼女達は結婚して母親になり食事に来店したり里帰りの際には家族連れで訪問してくれます、食事の予約や里帰りの連絡があると妻は嬉しそうに心待ちしソワソワしている、もちろんターザン(野蛮人)も。。笑 

 

 

 

 

 

 

ご予約・お問い合わせ

ご予約はお電話から承っております。

TEL 0562-33-6030

その他、ご質問などはお問い合わせフォームからでも
受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。