オーナーシェフの体験談!動物達の言い分も聞こうぜ。

元旦から殺生は止めろ

亡き父は猟師で正月から仲間達と猪猟だった!父は熊野川町猟友会のボスだった!依って休日には近隣の猟師仲間が集まる。猟師達の仕事は林業である!猟の獲物で生計を立てている訳でも無い!娯楽で殺戮を楽しむだけだ!有害駆除と言っても被害などは少ない。私は趣味で動物を殺す猟師は嫌いだ!彼らは動物を撃ち殺す事に!快感を覚える残念な輩共である!漁師さん達とは次元が違う。 猪猟後の酒盛りは猟の自慢話ばかり!優しい母は猟が嫌いだった!父や兄が動物を撃つのは止めて欲しいと私に嘆いていた。兄も猟が好きで父と気が合う!正月休みには父達と猪猟を楽しむ!里帰りした私は宴会の準備に忙しい母の手伝いをした。私は名古屋でフランス料理の修行中でした!若い頃の私は短気で喧嘩速かった!実家では温和にしているが 稀に腹が立ち猟師達と喧嘩をした。元旦から動物を撃つのがそんなに楽しいか!お前だって鮎を取るだろう同じではないか。俺は体力で鮎を取るが!お前らのような武器は持たないぞ!お前だって引っ掛け針を使うだろう!そして勝ち誇ったように奴らはほざく。お前は牛肉を売り商いをしているだろうと!父は紀州虎の伝説を持ち!兄も屈強で短気である。猟師仲間達も皆屈強な奴ばかりだが!ヤンチャだった私は奴らに喧嘩で負ける気は無い!しかしこれ以上は修羅場になると我慢した。私は幾度も喧嘩で警察のお世話になった!優しい母を悲しめたくは無かった!私は19歳まで故郷で山仕事をやっていた。山仕事が減少し名古屋で働いた!やがてガソリンスタンドの社長の紹介で!フランス料理のコック見習いになり独立して今日に至ります。

矛盾ではあるが

熟練の猟師達は度胸があるが!都会から来る未熟なハンター達は臆病だ!遠方から獲物を撃つので危険である。私も故郷で猪と間違えられた体験がある!黒服姿で急な山林を這い登っていた!猪がいるぞと遠方から大声が聞こえた。危険を察知して隠れた岩に弾丸が数発着弾した!私は山刀で獰猛な猟犬達を威嚇した。ハンター達は猪と間違えたと笑った!冗談言うなよ俺だから助かったぜ!修羅が覚醒し彼らを半殺しにした。猪が怖ければ安易に猟などはするな!お前達はゲームの様に銃を撃ちたいだけだろう。銃や刀剣は人間を残忍な気分にさせる!人間の歴史は古来より殺戮の歴史である!動物類は欲望の為に殺し合いなどしない。私が動物であれば人間は恐ろしい生物だと思う!自然を破壊し動物達の棲み処を奪う!動物達が逆らえば容赦なく殺す。 私達飲食業は食材となって頂ける!家畜達や魚貝類のお陰で商いが出来ます!そんな私が猟師達を責めるのは目糞が鼻糞を笑う事ですが。。家畜達の肉を売り活きた魚介類を日々殺生している私が!山の動物達を庇うのは確かに矛盾ではあります。大切に調理し食材の価値観を高め!その料理を正しく評価して頂けるお客様達に!提供したいと心掛けております。

家畜達の言い分 

酪農家達の言葉は必ず愛情をかけて育てましたである!私達家畜はそうは思わないぞ愛情だなんて言うなよ!少しでも高く売る為だろう。優しくマッサージなどしてくれた!朝夕優しく声をかけてくれた!私達の小屋も綺麗に掃除してくれた!病気などをしないように注意して育ててくれた。私達が屠畜場に行く時にも涙なんか流すなよ!理解しているよ私達は家畜だから!これは神様が決めた事だから。。悲しい仕事だと思うよ!でも誰かがやらないと!誰かが苦労しないと!私達家畜の存在価値がないから。。今まで美味しい食事を頂き有難う!私達の肉類は大切に売ってね!食べ放題などと安売りなどしないでね。料理人は家畜達の声を聴き大切に調理するべきだ。少しでも価値観を高めてあげたい!大切に提供したい!感謝の気持ちを込めて!昭和の料理人はそう思います。

山の動物達の言い分

山の雑木が伐採されて私達の食糧が無くなった!人間達は山菜を求めて私達の領域を荒らす!罪も無い私達を趣味で殺す人間達も増えた。日本の人間社会には食物が捨てる程に豊富ではないですか!何も山菜まで奪わなくとも良いではないですか。私達は食物が有れば満足です!初めから人間を襲う気などはありません!私達の領域を侵さないで欲しいですね。山に食物が無く人里に出るのです!人に出逢うと興奮して攻撃するが殺す気はありません!以後注意致しますから射殺しないで欲しい。人間は狂暴であり欲望の為に殺戮をする!今も世界のいたる場で殺し合いをしている!私達は欲望の為に殺戮などしないですよ。人間達の心情は理解が出来ないぜ!狩猟者達は私達をまるでゲームの様に殺して!快楽感を楽しむ!その反面でペット達を溺愛するから。。

魔王に挑戦した馬鹿者

少年時代よりターザンに憧れた馬鹿者が!紀州熊野の魔王に素手で挑戦し惨敗したらしいぞ!身の程知らずな男だなあー。その男は30歳過ぎで少年期より熊野の大自然を駆け回り!山仕事で培った強靭な体力と!ボディビルで鍛えた怪力に自惚れた野郎だ。大きなサンドバッグを殴打して!鍛えた殴打に自信を持った野郎は!自信満々で魔王に喧嘩を売った。紀州山奥では猟師達から魔王と恐れられた巨大猪が存在する!普通猪は80キロ程度、100キロ以上は大猪である!130キロ以上の巨大猪は稀で魔王と呼ばれた。その日男は熊野古道麓の故郷に帰り!谷川奥の滝壺に山女魚取りに出かけた!突然大猪が滝壺に飛び込んで来た。普段猪は昼間には出現しない!臆病で用心深く夜行性であり人を見ると逃げる!男は気にせずに山女魚を追っていた。しかし猪は男に近づいて来た!男は魔王と戦う千載一遇のチャンス到来と歓喜!腰の山刀を置き素手の勝負を挑んだ。魔王は水中であり組技の攻撃に出た!動物に蹴りや殴打は通用しない!動物は腹部が弱いと思い首と胴体を怪力で締めた。男の必殺技犬殺しが決まった!怒りに燃えた巨大な牙と骨も咬み砕く歯が迫る!男は物凄い力で跳ね飛ばされ大岩に叩きつけられた。双方共に川原に上がった!殺されると感じた男は卑怯にも山刀を抜いた!魔王がニヤリと笑った気がした!小僧俺様に挑戦は10年早いぜ。魔王はくるりと背を向けて密林に消えたが!後ろ姿がそう語っているようだった!男の父は有名な猟師であるが男は黙って名古屋に戻った。魔王に友情を感じた男は!彼が猟師達に殺されるのが嫌だった!全身打撲と手指の骨が折れた程度である!惨敗であるが男は何故か爽やかな気分だった。

魔王の心情

俺達猪は意外だろうが泳ぎが得意だぞ!その時期はまだ猟期では無くうるさい猟犬達も来ない!俺はのんびり谷川奥の滝壺で遊んでいた。向こう岸で俺と似たような奴がいる!仲間と思い近寄るといきなり攻撃された!俺は手足が短く泳いでいるので何も防御が出来ない。奴は正にターザンだった!奴は腰の山刀を置き素手の勝負を挑んできた!山刀で刺されたら危険だ!奴の怪力は大石を持ち上げるだろう。俺は躱すことが出来ず殺されただろう!しかし奴は締め技で俺を攻撃した!首と腹を同時に締められた。人間なら倒せるだろうが俺様の首と胴体は太い!俺様の牙は切れ味が鋭い!俺様の顎は強く奴の足など軽く咬み砕くぞ!俺様は奴を跳ね飛ばし大岩に叩きつけた。奴は立ち上がり岸に上がった!俺様も岸に上がり奴と対峙した!奴はフラフラしている!見ると奴は黒いウエットスーツ姿だ。仲間と間違え近寄った俺にも非がある!奴を殺すのは止めよう!俺様に素手で闘いを挑んだ男気を許そう。久し振りの好勝負だった!猟犬達は弱いくせにしっこい!猟銃を持った後ろ盾が居るので強気である。山奥でもなかなかタイマン勝負は出来ないぞ!奴は案外良い奴かも知れないなー!何だか爽やかな気分だぜ。奴も楽しそうだったなあー!都会ではなかなかタイマン勝負は出来ないだろう!弱い輩程群れるらしいから!次回逢う機会があれば酒でも酌み交わしたいぜ。(あっ俺様は酒が苦手だった!と言ったかどうかは熊野のターザンは判りませんが。。笑)

野良猫&野良犬の言い分

好んで野良になった訳ではございません!人間達の事情で捨てられたのです!残飯やゴミを漁るのは生きる為です。空き地や草原で生存出来れば良いのです!人間に逆らう気などありません!そっとして欲しいのです。人間達は勝手です!私達を嫌いながらペットは大切に飼う!稀に優しい人達もおりますよ!でも野良は野良で良いのです。今更自由な生活から離れられないのです!人間に飼われて幸福になった仲間もいますが。。しかし野良の生活が長いとね!それはそれで幸福なのです!自由に生きるのが一番かも知れませんよ。昔兵庫県の相生市で無法者達に襲われて!瀕死の男を救った野犬の仲間達がいた!仲間達は戦後進駐軍の軍用犬だったらしい。進駐軍の帰国時に捨てられ野犬になった!救われた男は優しい野犬達に感謝をした。時代は移り変わり野犬達の姿も消えたそうだ!男は哀れな野犬達に哀悼の意を込めて!自伝料理人になったターザンに掲載したらしいぜ。

野犬達に救われた男の話

男の仕事は外国船の料理人だった!新造船に乗りIHIの相生工場にドック入りした!夕方になると狼のような遠吠えが聞こえた。地の者に聞くと戦後進駐軍が残して帰った軍用犬達の子孫らしい!野犬となって群れている!狼のように大きいので怖いと震えた。その夜は先輩と飲みに出かけた!相生の街は親しみ易く人々も温和で優しい!顔馴染みの酒場もあり男の好きな街でした。まさかの事件が起こった!寿司屋の帰り5~6人の無法者達に襲われた!見た事も無い連中だった!いきなり先輩が鉄パイプで殴打され倒れた。怒りで修羅と化した男と無法者達の死闘が始まった!深夜であり誰も知らない凄惨な修羅場だった。男は無数の殴打を受け!背後から足を叩き折られ遂に倒れた!石で殺される瞬間パトカーのサイレンが聞こえ助かった。男は無意識に用水路跡に落ち失神、草木で覆われた用水路であり!警察は男を発見できなかったらしい。早朝野犬の鳴き声で男は目が覚めた!足の骨が折れたようだ全身が痛む!顔面は血だらけで生臭い!やっと用水路から這い出た。暗闇に無数の目が光って見えた!野犬の群れだ一難去って又一難だ!野犬に喰い殺されるか!俺の運命らしいと男は観念した。しかし野犬達の鳴き声は優しい!目にも敵意が感じられない!紀州山奥育ちのターザンは野犬達に優しさを感じた。夜が明けると野犬達は姿を消した!その後大雨になり用水路はたちまち濁流になった!野犬達に起こされないと男は死んだだろう。

スズメ蜂の言い分

私達も人間を襲いたくはありません!私達の領域に来ないで欲しい!大切な家族を守るべくやむを得ず攻撃しますよ。最近は人間達の家に巣をつくる仲間達もいます!それは私達が悪いと思いますよ!君子危うきに近寄らず!これからは気を付けます。昨年荒れ果てた大庭園に巣をつくったが!10月に無粋なターザン野郎が庭園の手入れをした!巣に近寄ったので上腕を刺してやったぜ。2匹で刺したが翌日復讐された!皆殺しにされ巣を奪われた!相手 を選ぶべきだったなー!ターザン野郎は刺されたお陰で!長年痛めていた肩痛が完治したらしい。今年も大庭園に巣をつくろう!ターザン野郎と遭遇したが奴は知らぬ振りだった!奴は不死身だ相手にしたくは無いが奴が囁いた!俺は攻撃しないお前達も人間を襲うなよと。。ターザン野郎は謝った!昨年は巣に近寄った俺が悪かった!興奮して巣を奪い悪かったなあー!今年は仲良くやろうぜと微笑んだ。

スズメ蜂に刺された男の話

男の趣味は筋トレであるが!6年前から肩痛で悩んでいた!原因はクレソンを栽培する為に古い水耕を掘った為である。水耕の長さは約20メートル程である!体力に自信がありスコップで1週間!生い茂った草木を伐り幅1メートル程の水耕を一人で掘った。若い頃に山仕事で培った体力は疲れも無く平気だった!その後ベンチプレスで100キロを数回挙げる!突然左肩に激痛が起こりそれ以来力が入らない。たちまち背筋も激痛になり!殆どの筋トレが不可能になった!腱板断裂かも知れないなあー!夜間痛が酷く眠れない日々が続く。男はヒンズースクワットとウオーキングを始めた!肩の激痛でバーベルスクワットも不可能である。前腕も激痛でバーベルカールも不可能!10キロ体重が落ち筋力も低下した!皮肉にも健康診断の結果は以前より良好になった。悔しかったのは負けるはずの無い相手に!腕相撲で勝てなかった事である!仕方なく相手をしたが力が出なかった。相手の笑い顔が瞼に浮かび!初めての敗戦が堪らなく悔しい!強い相手に負けるのは自己が弱いと納得であるが。。

奇跡が起きた

昨年スズメ蜂に左上腕を刺され数日後だった!夜間痛が消え肩が軽い背筋痛も消えた!バーベルカールが可能だプレスも出来た。恐る恐るベンチプレスを試した!50キロが軽い80キロも軽い100キロが挙がる!奇跡が起きたぞスズメ蜂さん有難う。現在はベンチプレスは120キロまで回復!バーベルスクワット等、すべての筋トレが可能になったよ。スズメ蜂さん本当に有難う!お互いに共存できると嬉しいなあー!君達も人間を襲うなよ!俺も君達の領域を侵さないように注意するから。。賢人に話すと中国には古来より!蜂の毒療法があると説明してくれました。肩痛の方にはスズメ蜂さんを紹介するよ!でも運が悪いと刺されたショックで死ぬ人もあるらしいから。。

 

ご予約・お問い合わせ

ご予約はお電話から承っております。

TEL 0562-33-6030

その他、ご質問などはお問い合わせフォームからでも
受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。