料理人になったターザン。ベンチプレスは男のロマン、再度挙げたい150キロ

ベンチプレスは男のロマン、ボディビルトレーニングで人気はベンチプレスであり1キロでも記録が向上すれば単純に嬉しい。お客様にも体格の良い人がいるがボディビルのトレーニングを行っている人はすぐ判ります。鍛えていますねと問うとベンチプレス80キロ10回挙げますと自慢気に答える。凄い力自慢でもベンチプレスの経験が無いと80キロ10回はまず無理だろう、ボディビルトレーニングを行っている人は必ず私に問います、ベンチプレスは何キロでトレー二ングしていますか。。現在は90キロ~120キロですと答える、50歳までは150キロを数回、100キロはウオーミングアップで20回は軽かったと昔を語るが信じては頂けないと思う。一流のビルダー達はベンチプレスは体重の1,5倍以上、スクワット、デッドリフトは体重の2,5倍以上で10回以上の拳上が普通です。私の全盛期はトレーニング仲間のパワーリフター小林君が知っているが彼も67歳になり100キロ数回が重く感じると嘆いている。私は20歳から元ボディビルザーのフランス料理恩師の指導でトレーニングを始めやがて今池近くのジムを紹介された。知り合いである恩師からターザン(野蛮人)のような奴だから鍛えてやってくれと伝言されたジムの会長は私を見てニヤリと笑い嫌な予感がした。笑  世間知らずの馬鹿はトレーニングで得た筋力と19歳まで過酷な山仕事で培った強靭な体力に自惚れた、紀州熊野山の王である大猪に密林で遭遇し少年期より念願だった素手の真剣勝負を挑み敗北した。跳ね飛ばされ倒れたが大猪は好い奴で私を攻撃しなかった、幸いにも大怪我は無い私は猟師の頭である父や家族にも事件を内緒にした。何故か大猪に友情を感じ猟師達に殺されたくなかったから。。 現代の私は真面目に努力を重ねるボディビルダー達のように筋肉隆々ではない、厳しいトレーニングと減量は嫌であり程々が良い、好きな酒を飲んで好きな食べ物を食べノラクラなトレーニングで小太り程度の高齢者ですよ。笑

還暦を過ぎてから肩を痛め健康維持のトレーニングに変更した、好きな高重量のトレーニングを軽量で回数のトレーニングに変更、日々ウォーキングを1時間以上行い約10キロ減量し健康診断の結果は良好だが何か物足りない。お客様にシェフ痩せたねと心配される、やはり料理人は痩せては駄目だと思いました筋肉が落ち怪力の消えた現状は寂しかった。健康維持の軽いトレーニングなど嫌である男は常に危険に挑戦したい、ベンチプレスで補助人が無く一人でマックスに挑戦は以外に勇気が必要である。矛盾ではあるが大好きな酒も少量に控えています料理人生を長く継続したい、ボディビルのトレーニングをノラクラとでも継続したい、店を支えて頂けるお客様達に感謝日々研鑽を重ね美味しい料理を提供したいからであります。

昨年の10月スズメ蜂に上腕を刺された、不思議にも痛めていた肩が治り50キロ数回が限界だったベンチプレスが100キロに回復しました。控えていたスクワット、デッドリフトも高重量に回復、アームカールも出来るしかし油断は禁物ゆっくりと重量を増やしました。還暦後に肩を痛めた原因はクレソン自家栽培の為に古い側溝を掘った事が原因、雑木を切り20メートルの側溝を日々スコップで掘り起こした、若い頃に山仕事で鍛えた体力を過信し重ねた年齢を忘れていた、ベンチプレスで100キロを数回挙げた瞬間右肩に嫌な衝撃を感じ激痛が襲った。以後ベンチプレス、上半身のトレーニングは当然不可能でバーベルスクワットも不可能、夜間痛もあり睡眠不足で辛い日々が数年あった。スズメ蜂に上腕を刺され嘘の如く回復した筋力、体重も増えて奇跡が起きた、人間万事塞翁が馬、波乱万丈の人生は私にも理解できないことが多いから面白い。笑

今年の7月に120キロが意外に軽く挙がった、冬までに130キロ挙がるかも知れないが70歳近い年齢を考慮して慎重に慎重に。。。笑 若い頃は大胸筋と腕力だけで160キロを挙げた、現在120キロ以上は全身の筋力を使用しないと無理だろう、友達の小林君はパワーリフターで彼のフォームは背筋、足腰、大胸筋、肩及び上腕三頭筋でバーベルを押し上げる。暇があれば週2回私のジムに来るので見学するとフォームの勉強になる、私は目標を150キロに決めその為のトレーニングを実行している、大胸筋の強化にダンベルフライ、三頭筋の強化にナローベンチプレス、を加えた。ベンチプレスはウオームアップ後は2~3レップスの高重量トレーニング、少しずつ効果が出ているようです。

私の年齢と体重で150キロ挑戦は不可能かも知れない、ベンチプレスは男のロマン、再度150キロへの挑戦は馬鹿な男の夢である、夢を見ないと実現は無いのであります。。もし夢がかなうのであれば150キロを挙げ再度大猪と素手で戦いたいなあー。。笑  線香花火は最後に大きな火花を出して燃え尽きる、馬鹿なターザン(野蛮人)の人生も線香花火の如くかも知れませんね。ヤンチャ者は妻に迷惑かけています妻にはお詫びするしかありませんよ。笑        愛犬のマルチーズ(もも)は何があろうと私の味方であります、高齢になったが私の腕の中で高齢になったターザン(野蛮人)の夢を聞きながら眠ります。。長生きして欲しいと無信仰の私が神様に祈る日々でございます。。

   

 

 

ご予約・お問い合わせ

ご予約はお電話から承っております。

TEL 0562-33-6030

その他、ご質問などはお問い合わせフォームからでも
受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。