GranChef

愛知県東海市の黒毛和牛ステーキと新鮮シーフード料理の専門レストラン|グランシェフ

お店紹介
 
ランチメニュー
 
ディナーメニュー
 
HOME 伊勢海老、 鮑&黒毛和牛ステーキ鉄板焼きグランシェフ»  ランチメニュー»  オーナーシェフのブログ»  料理人になったターザン、 愛犬はマルチーズ 、はな    お礼をして逝った愛犬  

料理人になったターザン、 愛犬はマルチーズ 、はな    お礼をして逝った愛犬  

料理人になったターザン、 愛犬はマルチーズ 、はな    お礼をして逝った愛犬  

7月7日は愛犬(はな)の17回忌です、7月3日妻と愛犬(もも)も一緒に墓参りに行きました。
(もも)は雌のマルチーズで15回目の墓参りです、高齢になり足腰が弱くなったので今回は抱いてお参りしました。
(はな)も雌のマルチーズで妻は小型犬が好きで飼いました、(はな)は少し小柄で目の可愛いマルチーズでしたよ。。
朝夕の送り迎えはもちろん、風呂から出ると私の下着を持って来たりして仕事で疲れた私達を癒してくれました。
朝夕の食事は一緒に食べます、白身の魚や鳥の胸肉のボイルなど手造りでささやかな毎日の楽しみでした。
魚屋に仕入れに行くと必ず白身の小さな魚を一匹買う、店員に聞かれると家にお婆ちゃんがいるからと言いました。。笑
ベンチプレスで150キロのバーベルを油断して首に落した、死ぬ直前に隣部屋の(はな)が気づき妻に知らせてくれました。
必死で妻が助けてくれました、妻はプレートを足指に落し靭帯損傷の怪我をした、それ以来150キロは挙げれません。。。
命の恩人の妻には頭が上がりません、命の恩犬の(はな)に感謝。。。愛犬が妻に知らせなかったら私は死んでいたでしよう。。 
妻が入院した時に仕事で疲れて炬燵で寝ていると、風邪をひくよと必死に起したり色々世話をしてくれました。
高齢になり重症の病気になった、助かる見込みの少ない病気だったが半田の名医松原動物病院で救われました。
酒好きの院長先生が酒も飲まず傍に寝て必死だった、私達夫婦も毎夜入院している(はな)に面会に行きました。
1週間後に私の顔を見上げた姿を見て突然院長先生が(はなちゃん)おうちに帰ろうねと言いました。
退院しても私は毎日(はな)と半田まで点滴に通う、最初は不安そうだったが慣れて私を見上げる顔が可愛いかった。
病気が治り元気になったが高齢でもあります、心臓病の発作があり日々体力が落ちていくので心配でした。
7月6日の夜食事後に私ばかりを見ている、妻にもうねんねしなさいと言われたがただひたすら私を見つめ続けた。
夜中から体調が悪くなり翌朝松原動物病院に向かった、妻はこれが最後だろうと思い動かない愛犬を抱きしめていました。
15時に苦しむことなく安らかに安眠したと連絡があり、ペットサロンのドルさんが綺麗な花で飾られた愛犬を届けてくれました。
妻が泣きながら私に語りました、昨夜(はな)の行動は貴方に感謝と別れを告げていたのね。。。涙が止まりませんでした。。
2日間添い寝をして最後の別れをしました、癒しとやすらぎを有難う、楽しい日々でした(はなちゃん)安らかにお休みなさいね。。
(はな)は可愛いい小さな蛙や綺麗な蝶になって逢いに来ているような気がします、妻と私はよく来たねーと笑顔で迎えます。。。
人生には巡りあわせがあるような気がします、粗野な鬼が(はな)と生活して癒しの大切さを教えられ少し優しくなった気がします。。
若い頃にもっと思慮深さがあれば良かったと反省も多い、愛犬の(もも)も高齢です後悔無きように愛してやりたいと思います。。。

                     愛犬や デートのような 花小道      春良き日の散歩にて。 洋次   

2019-07-14 17:26:46

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント