GranChef

愛知県東海市の黒毛和牛ステーキと新鮮シーフード料理の専門レストラン|グランシェフ

お店紹介
 
ランチメニュー
 
ディナーメニュー
 
HOME 伊勢海老、 鮑&黒毛和牛ステーキ鉄板焼きグランシェフ»  ランチメニュー»  オーナーシェフのブログ»  料理人になったターザン、      キジコの想い出。

料理人になったターザン、      キジコの想い出。

料理人になったターザン、      キジコの想い出。

23年前道路に倒れている雉を見つけた、重症のようだ翼は折れて眼だけが動いている、車に跳ねられたかも。。。
このままでは野良猫の餌になるか死ぬだろう、鳥は好きでなく迷ったが何とかしてやりたいと思いました。
見た以上見殺しにするのは私の性格から出来ない、助からないだろうと思ったが雉は生命力の強い鳥だった。
3日経って少しずつ動き出したので猫用の檻に移した、食欲も出てきたようで助かったと安心しました。。
3階のトレーニングルームの横に大きな小屋を造った、雌だったのでキジコと名前をつけ飼うことになりました。
半年経ち折れた翼も少し回復して元気に走り回るようになった、やっと馴れて私の顔を見ると鳴くようになりました。
水浴びをするので水浴び用の水と飲み水は別、水浴びは見た事が無いが水浴び用の水が汚れているので解る。
キジコの好物はスイカです季節になると必ず買って帰る、美味しそうに皮まで食べ足で転がしている。。
キジコが私のトレーニングを見ている、時々首を傾げる動作が何とも可愛いい口笛で呼びかけると嬉しそうに答える。
蛇がキジコの産んだ卵を狙い小屋に侵入、キジコを助けようとしたら簡単に蛇を捕まえて殺したので強さに驚きました。
キジコが逃げた事件がある、キジコの小屋を掃除したら掃除機の音に驚き隣のアパートまで飛び欄干に止まっている。
私は諦めようと思った、野生の鳥が逃げたら戻っては来ない近隣には野原があるので仲間がいるかも知れない。
妻は悲しそうな私にキジコは待っているのよ迎えに行けば、もし逃げたら野原に帰りたいのだから諦めるのよと諭された。
いつもの口笛を吹き傍に近寄るとキジコは私を見た、家に帰ろうと手を広げたら嬉しそうに飛び込んで来ましたよ。
私は少年になった、信頼感は深まりトレーニングルームに行くとキジコは嬉しそうに話しかけ二人だけの会話が始まる。
マルチーズの愛犬(はな)とキジコは仲良しになった、猿が加われば私は桃太郎だ。。鬼は誰だろう。。笑。。
10年以上生き最後の日を迎えました、さようならキジコ。。やすらかに。。トレーニングルームで泣きました。。。
雉は勇敢、恩義に厚い鳥だなあーと知りました、昔話桃太郎の仲間に選ばれたのも当然だと思いました。
思慮浅く反省の多い人生でありますが、キジコを保護したことは私の自己満足でありますが良かったと思います。

                          料理人になったターザン談





 

2019-06-22 22:53:16

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント