GranChef

愛知県東海市の黒毛和牛ステーキと新鮮シーフード料理の専門レストラン|グランシェフ

お店紹介
 
ランチメニュー
 
ディナーメニュー
 
HOME 伊勢海老、 鮑&黒毛和牛ステーキ鉄板焼きグランシェフ»  ランチメニュー»  オーナーシェフのブログ»  新鮮なあわび、伊勢海老は鉄板焼きが旨い、オマールはボイルが美味しい。

新鮮なあわび、伊勢海老は鉄板焼きが旨い、オマールはボイルが美味しい。

新鮮なあわび、伊勢海老は鉄板焼きが旨い、オマールはボイルが美味しい。

あわび、伊勢海老鉄板焼き、オマールエビ等の新鮮魚貝料理が人気です、予約の大半が魚貝とステーキのコースです。
魚貝料理は新鮮な食材ほど火入れ加減が難しい、焼き加減、茹で加減が味を決定する、熟練が必要である。
バーベキュー等でも、肉類は割と簡単で美味しく焼けるが魚貝類は美味しく焼けないから苦手だと言う人が多い。
あわびは固い、肝は苦い、思い込みがあるが質の良いあわびの鉄板焼きはやわらかく本当に美味しい、肝も苦くは無いですよ。
あわびや伊勢海老は魚貝類では特に高価な食材です、新鮮なオマールエビも高級食材であり地方で使用する店は少ない。
オマールエビは冷凍品が多くアメリカ産が多い、匂いが嫌だ、パサパサするといった批判する人は冷凍品を食べたからかも。。
当店ではカナダ産オマールエビの、活きた食材を使用、予約時間の1時間前にボイルし少し冷やしてから調理します。
温かいオマールエビを切ると、美味しい肉汁が流れ味が落ちる、ボイル料理は新鮮な食材の厳選と熟練が必要と思う。
冷凍品はボイルすると美味しくなく判ります、焼く場合は意外に判別が難しい、冷凍品は焼いた方が美味しく食べられる。
料理人が3流の素材を2流にすることは簡単です、1流の素材の持つ味を引き出すことは出来ても超越は不可能だと思う。
国産伊勢海老の解禁までは、活きの輸入イセエビを代用しますが、近年は高価になり国産伊勢海老より高価な品も多い。
業者は中国の引き合いが強く、日本への輸出量が減少していると説明した、気候の変動や乱獲による漁獲量の減少も原因かも。。
オマールエビは入荷後、日本のきれいな海水に活かし手入れ作業している、手入れ作業を行い厳選していると説明されました。
あわびの美味しい季節です、雌は産卵期の前に栄養を蓄え美味しくなるが、産卵期を終えると身が痩せてしばらく美味しくない。
産卵期は生息する地方や種類により季節が違う、魚貝類の料理は簡単に見えるが美味しく調理するには意外に難しい素材です。
雄、雌の判別は、肝の色で白い方が雄、緑が雌だそうです、殻から取らないと見ただけで雄、雌の判別は難しいと思いますね。
オマールエビも雄、雌により味が違う、人の好みも色々、緑色の卵は見た目より美味しいが、初めて食べる人には説明が必要です。
雄は卵の部位がないので身が多いと思う、業者は雌を指定しない場合は雄を選別、雄雌の判別は判りやすいと思います。
誠実な食材業者の苦労の結果が味に出ている、品質の違いはプロの目利きと日々の努力の結果だと感謝しています。

2018-07-29 16:17:17

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント