GranChef

愛知県東海市の黒毛和牛ステーキと新鮮シーフード料理の専門レストラン|グランシェフ

お店紹介
 
ランチメニュー
 
ディナーメニュー
 
HOME 伊勢海老、 鮑&黒毛和牛ステーキ鉄板焼きグランシェフ»  ランチメニュー»  オーナーシェフのブログ»  料理人になったターザン、鮎取り、大蛇は本当に棲んでいました。

料理人になったターザン、鮎取り、大蛇は本当に棲んでいました。

料理人になったターザン、鮎取り、大蛇は本当に棲んでいました。

故郷は和歌山県熊野古道の麓にあり、道路沿いに流れる熊野川の支流、赤木川は天然鮎が多く釣り人も多い。
和歌山県はヤス漁や、引っ掛け漁は禁止である、中学の頃警察に連行され厳しく取り調べられた経験がある。
鮎の引っ掛け漁は、1,5メートル程の竹竿の先に引っ掛け針を仕込み水中メガネをつけて泳ぐ鮎を引っ掛けて取る漁です。
鮎を取れるまでは習練が必要で素人には無理な漁法である,密漁になるから愛知県のように網を張っては取れない。
川では木立に隠れた激流で引っ掛け漁をやる、流されて死ぬ危険もあり,激流で鮎を取るには強靭な体力が必要だ。
6月頃から晩秋まで鮎取りが出来る、赤木川激流の鮎は身が引き締まり美味しい、酢味噌で食べる生食が好きだった。
家の前を流れる、谷川の奥は密林の中にあり、鮎やヤマメの宝庫だ、道は無く釣り人も村人達も近寄らない秘境である。
谷川は川幅が狭いので、赤木川の鮎より取りやすい、私なら100匹以上は簡単に引っ掛けられる秘密の漁場だ。
猪、猿、スズメ蜂、毒蛇が棲み、狼、大蛇伝説がある、少年の頃、村の長老が見せてくれた大蛇の抜け殻は長く太かった。
動物達には生存する大切な領域があり、むやみに彼らの領域を侵すのは危険だ、猪は臆病で夜行性、昼間現れるのは稀である。
雑木が切られ彼らの食べ物が無い、山菜も人間が採る、人間社会は食物が豊富にある、彼らの食べ物を採るのは止めて欲しい。
30歳頃、秘密の漁場に一人で行き帰り道で、茶色の太い木を踏んだ、感触が柔らかく気持ち悪いと感じ飛び退いた。
太い木はゆっくり動き出した、それは大蛇の胴体だった、頭と尾が草むらに隠れていた、村の大蛇伝説は本当だったのだ。
大蛇は物凄い目で私を睨みつけた、背中を踏まれてびっくりしたのだろう、襲ってくる気配は無いが野生の大蛇は本当に怖い。
谷口村の主神様かも知れないなと思った、大蛇は草木の上を滑るように密林に消え、幻を見たような気がし茫然と見送った。
暇をつくり父母の墓参りに帰郷し、谷川の奥に鮎取りに行こう、動物達には果物とお握り、大蛇様には日本酒を土産に持って。。。
大蛇様に逢ったら、酒でも飲みませんかと誘い踏んだ非礼を詫び、貴方は主神様ですかとお聞きし、昔話を語り合いたい。。笑
狼伝説もある、父が狼は存在しているだろうと言った、猪と違う気配を感じ勇敢な猟犬達が怯えていたと、酒を飲み語っていた。
牙で裂かれた猟犬の死骸が発見され山犬では無い足跡があったそうだ、88歳で他界、狼の存在を語り合った父の死は寂しい。
父は村の歴史、地名の由来、伝説、村の行事の意味、猟師の体験談等、数冊のノートに書き残していた、見せて頂いた記憶がある。
印刷し本にするつもりだったが無いと言われた、父の死後ゴミと一緒に捨てたかも?貴重な記録であり見つかると嬉しいです。

            落ち鮎や   哀れなるかな  掴み取り         洋次
                                           
                          料理人になったターザン談



 

2019-06-14 22:28:49

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント